⑨.画質 / 高画質配信に対応しているか?kbpsは?

アダルト動画サイトの画質「フルHD」について

フルHD(フルハイビジョン)とは、1920×1080ピクセルの画面解像度のことです。

因みに4Kディスプレイの解像度は3840×2160、8Kディスプレイの解像度は7680×4320です。

簡単に分かりやすく言ってしまうと、画面解像度=画面サイズと考えていいかもしれません。厳格に言えば違うのですが、画面解像度が上がれば必然的に画面サイズも大きくなるのは間違っていません。

 

『フルHD』と『HD』の違いは?

フルHDに対して『HD』と呼ばれるのを聞いたことがあるでしょう。

HDは “ハイビジョン” とも呼ばれ、解像度は1280×720です。

HD(ハイビジョン)とフルHD(フルハイビジョン)を「同じもの」と考えていたり「違うものと意識していない」人も多いかと思いますが、フルハイビジョンは2Kであり解像度が1920×1080なので、明確に違うものです。

 

アダルトサイトの高画質配信、kbpsとは?

1秒間に流れるデータ量が多ければ多いほど、動画の画質は美しい高画質の動画が再生されます。

たとえば1500kbps(1.5Mbps)であれば、1秒間に1500kbit(キロビット)のデータが流れるということです。

無料アダルト動画サイトは一般的に400kbps前後の動画が大半を占めます。

それ以下の低画質だともはや全体的にモザイクがかかったような画質で全然楽しめません。

対して有料アダルト動画サイトでは1500~3000kbpsが平均です。

市販のDVDなどは3000kbps(3.0Mbps)前後、ブルーレイで5000kbps(5.0Mbps)前後です。

但し、ブルーレイ作品にも3000kbps(3.0Mbps)程度の画質の動画は存在します。

理由は撮影機材が高画質撮影に対応していない場合に、ブルーレイにもかかわらずDVDと変わらぬ画質で収められてしまっている場合です。

ですから「ブルーレイ」というだけでは高画質とは限りません。

高画質動画に限って大事なのはkbpsです。

今の時代なら高画質動画の位置づけには4000kbps(4.0Mbps)は最低でもほしい数値です。

 

高画質配信に対応している動画サイトは?

当サイトで紹介しているアダルト動画サイトではそのほとんどのサイトで、3000~4000kbpsの高画質配信に対応しています。但し、一部のサイト。例えば盗撮サイトなどの場合素人からのガチ盗撮動画作品だったりするので、リアリティーは半端ないのですがそれと合わせて画質も落ちるケースは仕方が無いと思ってください。

あとは注意点として、作品の発売された時期が古くなれば古いほど動画の画質が低くなると思ってください。

 

安全で抜ける月額無修正アダルト動画サイト